資産プロテクトでまなべ!

「資産プロテクト」 不動産投資の魅力 「資産プロテクト」 購入時のリスク 「資産プロテクト」 運用にかかるコスト 「資産プロテクト」 経営資金 「資産プロテクト」  成功する経営方法
 
>>>お問い合わせ

経営資金

低金利を活用
近年、現在金融機関のアパート、マンションローン金利は過去に例を見ない程の史上最低位で推移しています。
アパート経営、またはマンション経営は価値ある場所、及び価値ある建物、価値ある管理システムが出来ていればサラリーマンの毎月の給与収入並みに安定した収入になります。その意味もあり、金融機関が賃貸収入を前提としたアパート、マンションローンを快く了解している背景があります。
例としては、土地持ちオーナーがアパートを建てた場合には、アパート、マンションの利回りは約6〜8%を超えるケースが一般的です。
また、低金利の現在では、預金金利はほとんど0%に近く、タンス預金と同じ条件となっています。
最低金利の現在では、土地持ち・地主・サラリーマンが、労せずして確実な収入を得ることが出来る方法なんです。
しかし、現在最低で推移している金利にも、今後急上昇する可能性が出てくることも考えられます。景気が拡大して、何年か後アパート、マンションローンの予測金利が2倍に上昇したと考えても、自己資金比率を増やして収支の出る体質を事前に作り上げておけばよいのです。

団体生命保険付きの借入れを活用
現在、大半の金融機関が団体生命保険適用する際に、返済の最終年齢を決めています。
例としては、○○バンクでは、最終年齢80歳、都市銀行Tの場合は最終年齢75歳などです。

また、団体生命保険(通常団信)はローンの借り入れ本人が亡くなると、生命保険ですのでアパート建築のために借金した借入金は全額相殺されます。
不動産投資の魅力のページでも話したように、これによって奥様を初めとする家族には、アパート、マンションローンの負担は一切かからないのです。それどころか借金(債務)は全額なくなり、家賃収入は毎月契約通り入ってくることになります。

経費処理ができるアパートの借入金利
アパート、マンションの経費に適用できるものが、基本的に3つあります。

1.建物の減価償却費
2.アパート、マンションの土地建物の固定資産税
3.アパート、マンションローンの金利

一般的にはマイホームを購入して住んでるとこれらを経費として控除することはできませんが、アパート経営マンション経営は一つの自営業ということですので経費削減できるのです。
この家賃収入を生み出すため、関係するものは事業経費として認められているので、この事業経費の活用を是非利用したいものですので、積極的に活用していくのが賢い方法だとされています。

注目サイト

千葉 教習所

最終更新日:2016/6/22

2014 (C) 資産プロテクト. all right reserved