資産プロテクトでまなべ!

「資産プロテクト」 不動産投資の魅力 「資産プロテクト」 購入時のリスク 「資産プロテクト」 運用にかかるコスト 「資産プロテクト」 経営資金 「資産プロテクト」  成功する経営方法
 
>>>お問い合わせ

成功する経営方法

なぜ、今賃貸住宅なのかを考える
分譲・持家との比較の中で賃貸住宅が選択される理由は何でしょうか?
賃貸住宅を選択する理由をみると、大半が「転勤の可能性」、または「自由に住み替えたい」といった居住・勤務地の変化(希望を含めて)への対応が大きな動機となっている他に、「ローンを抱えたくない」という経済的な事情も大きな要素になっていることがわかります。 また、その中でも特に注目すべきは、「買うより借りる方が得だから」賃貸を選択する居住者が、ここ数年で急激に伸びている点です。 この点は以前よりも質の高い物件が借りやすい値段で賃貸市場に出回るようになった結果、分譲・持家に向かうはずの人を減らしていると判断して良いでしょう。つまり、賃貸住宅が質と価格のバランスにより、分譲・持家と同列で比較・検討される時代が訪れているのです。

質の時代到来・賃貸住宅需要とは
分譲・持家と賃貸住宅が比較・検討されるようになった昨今では、賃貸住宅経営を成功へ導く1つのカギは「質と価格のバランス」です。分譲・持家に負けない質の高い賃貸住宅を供給することです。賃貸派が増えている一方で、「将来的な住宅所有の可能性まで捨てたわけではない」という事実を忘れずに、質の高い賃貸住宅を提供し続け、住み続けてもらうことです。頭打ちとなる住宅需要の中で、どれだけの人を賃貸マーケットに取り込むことができるかが、それが今後のビジネスの成否を握っていると言えるのではないでしょうか。

高まる賃貸住宅の需要
日本は周知の通り、少子高齢化が進み今後は人口も減少していく為に住宅需要全体としては頭打ちになると予測されています。 ところが、賃貸住宅に限っては需要が年々増えてきている成長市場ということをご存じですか?
近年、住宅供給量はここ数年横ばいが続いていますが、内訳では賃貸と分譲の比率が増え、持家の比率が下がっていることが判ります。分譲については賃貸として出回るものも増えているので、実質的な賃貸の供給量としては統計以上に増えてきていると推測されています。

 

check

Last update:2016/6/22

2014 (C) 資産プロテクト. all right reserved